【がん先進医療費に対する利子補給制度の創設について】

本日より、新年度がスタートしました^o^
世田谷区が今年度より新たに始める事業をご紹介します。

地域の方から、がんの先進医療を受けたいが、経済的負担が大きいとのご相談をお受けした経緯から、H28年第1回定例会にて一般質問で「先進医療向け融資制度の創設」を求めてまいりました。
この度、区内に本拠地を置く昭和信用金庫・世田谷信用金庫と協働して「がん先進医療費融資制度」を開発するとともに、「同制度に対する利子補給制度」が4月より導入されることになりました!

事業概要
がん先進医療に係る医療費について、区と協定を締結した昭和信用金庫・世田谷信用金庫において、固定金利1.25%で、最大350万円までの金額を10年以内の融資期間で利用することができ、支払った利子に相当する額について、区が年ごとの償還払いの方法で助成をするものです。

わたくしのテーマでもあります「がん対策」について、今後も更なる推進を図って参ります!