【認知症の人を知る講演会】

昨日、成城ホールにて認知症の講演会に参加してきました^o^

認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子先生より「なぜ今当事者の声なのか」と題した講演を伺わせて頂きました。
また、若年性認知症を患っておられる方が役に立てるのならと皆さんの前で声を聴かせてくださいました^o^

会場に来られることも簡単でなく、その日によって体調も変化もあり、当事者の方が声を上げることは決してたやすい事ではないのですが、それでもいま声を伝えてくださっています!
その思いに触れ、熱いてきました(^O^)

先日の一般質問で取り上げましたが、国はいま認知症本人の視点を重視する施策を推進しています。
区としても、認知症本人の視点で認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるまちづくりが急がれます。