【心のバリアフリー推進員by山形県】

12/27(火)、全国初となる「心のバリアフリー推進員」の養成研修に取り組んでいる山形県の具体的な推進を区議団でお伺いして参りました!
この「心のバリアフリー推進員」は民間事業所の職員にターゲットを絞り、3年間で1200人の育成を目標にしており、県内で養成研修会を実施。
認定を受けた「心のバリアフリー推進員」は、事業所内の段差の解消といったハード面の整備や従業員に対する研修を担われます。
県はこの事業を通し、事業所や県民の間に、障害がある人への理解を広げ、共に生き生きと暮らせる社会づくりを目的としています。
今年度から始まった事業のため様々な課題を解決するために、来年は更に一歩踏み込んだ推進の計画しているとの事です。
山形県の障害者差別解消へ、真剣さが伝わる先進的な事業でした。