【水害対策&障害児デイサービス事業】

昨日(12/26)、仙台市の「水害対策について」と山形市にある放課後デイサービス事業所のまなびのへや バンビーナ松原さんに伺い「障害児デイサービス事業について」の先進的な事業を学ばせて頂きました。
仙台市は3・11の大震災と昨年9月の関東・東北豪雨でも市内全5区で被害を受けました。
これを受け、仙台市は水害対策の強化をされています。
昨年4月にオープンした障がい児の居場所 放課後デイサービス事業所「バンビーナ松原」さんは、障がいがある子どもたちの力を信じて、可能性を引き出そうと奮闘されていました!
経験が少ない障がい児に、一つでも多くの経験をさせたいと雪遊び、水遊び、登山会、芋煮会などなど季節を体感出来る行事を行い、職員の皆さんも生き生きと頑張っていました!
「制度と制度の狭間でサービスが無く困っている人の為に、必要なものは作ろう!」とバンビーナ松原の代表が、障がいのある人もない人も共に生きる社会を目指されていました!