【もみじの家】

昨日、本年4月に開設された区内にある国立成育医療研究センターの医療型短期滞在型施設「もみじの家」を区議団で伺わせて頂きました。
待望の医療ケアが必要な子ども達が利用出来る施設です!
もみじの家 ハウスマネージャーには、NHK元アナウンサーの内多勝康さんが就任されました(*^^*)
内多ハウスマネージャーは、アナウンサー時代の3年前「クローズアップ現代」でこのテーマを取り上げた事が大きなきっかけとなり、この道に進む事になったそうです。
世界で最も新生児の命を救っていると言われている日本の最先端の医療。
その医療的ケアが必要な子ども達の退院した後の家族の暮らしの支援がまだまだ遅れています。
そんな中、医療・介護・保育のプロフェッショナルの皆様が力を合わせ、今までどこにも預かってもらう事が出来なかった医療的ケアの子ども達が宿泊出来る、待ちに待った施設です♪