【区立塚戸小学校&区立給田福祉園】

本日、世田谷区立塚戸小学校の創立140周年記念式典に参加して参りました。
塚戸小学校は、児童数1000名を超える世田谷一大規模な小学校です。
明治8年に現在の烏山小学校の前身「温知学舎」の分校として誕生したそうです。
永山校長の話によると、明治26年当時は、屋根は草葺きだったため、少し大きな風が吹けば危険なので授業が出来ず、途中下校することも度々だったそうです。
様々な苦難を乗り越えて、現在の塚戸小学校があり、140年の歴史には、多くのロマンが秘められているのですね!
式典では、6年生の児童全員による「お祝いの言葉」と歌を披露してくださいました。
子ども達の輝く姿と歌声には、素晴らしい力があります。
感動と喜びが胸いっぱいに広がりました。
午後は、給田福祉園の「第4回でんでん祭」に伺って参りました。
子ども達が一生懸命に作られた、石鹸や便箋、ポーチなども販売されていましたが、温もりのある作品ばかりでした。
皆さんの笑顔に元気を頂きました!
先生方、関係者の皆さま、大変に有難う御座いました。